外壁タイル修繕の方法と費用について分かりやすくご紹介

   

コラム, 外壁タイル調査, 外壁修繕

東京都赤羽を中心に、ロープアクセスによる外壁タイル調査・外壁補修を行う株式会社ユニースです。

今回は外壁によく使われている「タイル」について色々お話していけたらと思っています。

特に
・外壁のタイルが劣化すると現れる現象
・修繕方法と費用
・マンションやビルの修繕にユニースがおすすめな理由
についてお話していく予定です。

外壁タイルについての基礎知識やタイルにヒビが入っているのは施工不良の場合も…?
そんなタイルについて知っておくといいお話もしていきます。

「外壁タイルの修繕をするのに依頼できる業者を探している方」や「外壁の修繕を検討している方」は、ぜひご一読ください。

外壁タイルが劣化すると現れる現象は?

外壁のタイル調査

最初にお話するのは、外壁タイルが劣化した際に現れる現象についてお伝えしていこうと思います。

まず知っておいてほしいことは、そもそもタイルは耐久性に優れているので劣化自体はあまりしないということ。
タイル自体の劣化はあまりしないのですが、普通設計上スリットなどを入れて割れないようにしてあるのができてない場合、タイルに圧がかかり割れてしまうことがあります。

他には、タイル周りの地の部分(モルタル部分)が酸性雨の影響で中性化され劣化してしまったり、経年劣化によりで傷んでしまうことにより雨漏りの原因に繋がります。

もしタイルが割れたまま放置していたり、タイル周りの劣化を放置してしまうと雨漏りにつながり家そのものが傷んでしまうことも。

また築年数がそこまで経っていないにも関わらず、あまりにも外壁の劣化や不備などが見受けられる場合は、施工不良の場合もあります。
施工不良の場合は、築10年までに瑕疵を主張するのがおすすめです。

築10年以上経ってしまっている場合、瑕疵の主張をしても認められる可能性が低くなります。
ですので、少しでもおかしいな?と思った際には専門の調査業者に施工不良ではないかチェックしてもらうのがおすすめです。

タイルの修繕には特注タイルが必要?

次にお話していくのは、実際に修繕を依頼する時に特注のタイルが必要かどうかについてお話していきます。

まず修繕をする際には、依頼された物件に合わせたタイルが必要です。
そのタイルを発注する場合、ほとんどが特注タイルで「近似タイル」というものを発注し施工します。
というのも、すでに外壁に使用されているタイルと同じものは、生産が終了し廃盤になっている場合が多くあります。

なので修繕をする場合は、「近似タイル」を使用する場合が多いです。
「近似タイル」とは、今実際に修繕する物件に使われているタイルに限りなく近づけた色味をしたタイルです。
特注となるととても高そうに思えますが、タイル1つの単価はとても低いので安心してください。

修繕し終わり、余ったものは次の修繕に使う場合や処分する場合があります。
また依頼を受けた時、すでにお客さんがタイルを持っている場合も。
その際は、お客さんが持っているタイルで修繕を行っていきます。

修繕の方法とは?

外壁のタイル修繕方法

次に外壁タイルの修繕方法を紹介していきます。

①まずタイルを電動工具を使って剥がしていきます。周りの問題ないタイルまで傷つけないよう慎重に作業していきます。

②古いタイルを剥がした終わったら、下地が綺麗な状態か確認します。
もし下地が綺麗な場合は、そのまま新しいタイルを貼って行きます。
逆に下地が凸凹になっていたり、タイルを剥がした際に下地ごと剥がれてしまって綺麗じゃない場合は、下地部分に新たにモルタルを使い綺麗に平すこともあります。

③下地が整ったら新しいタイルを貼り、目地もしっかり埋めてたら修繕完了です。

 

費用はいくらかかるの?

修繕の次に紹介するのは、費用についてです。

結論からお伝えすると、外壁タイルにかかる費用は「修繕する箇所の規模による。」です。
というのも、タイル自体の単価は最初の方でお伝えしたお通り、そこまで高くありません。

外壁タイルの修繕で一番かかっているのは、実は「人件費」なのです。

なので全面的に修繕する場合は、人手が多く要るうえ足場を組んで張り替える場合が多く、費用も高くなりがちです。
反対に張り替えたほうがいい箇所が点在している場合や小規模の場合は、比較的安価でご依頼いただけます。

特にユニースではロープアクセスでの修繕が行えるので、先ほどの後者の場合とてもおすすめです。
というのも、ロープアクセスなら足場を組まないので、足場を組む費用や日程も省け短期間かつ、費用も抑えることができます。

また階数のある物件(高層マンションやビル)では、調査の段階の仮足場を組というだけでもかなりの費用と期間がかかる場合があります。

ですが、ロープアクセスなら足場を組む必要もないので短期間で調査から修繕まで行うことが可能です。

ユニースでは一番お客様に負担がないものをご提案させて頂いております!
まずはお問い合わせいただきヒアリングをした上で、費用の概算をお伝えしますのでお気軽にお問い合わせください。

ユニースは調査費用が明確だから調査から修繕まで費用が分かりやすい

ユニースでは調査から修繕まですべて依頼可能です!

お問い合わせいただいた後、調査先の基本情報や外壁の点検、修繕など依頼内容などヒアリングします。
ヒアリングの内容から調査費用や修繕費用をしっかりと提示させていただいておりますので、安心してご依頼いただけます。

特にマンションやビルなどの高い建物でも、ロープアクセスを採用しているので足場を組まず調査からご依頼いただけるので、足場を組んで調査する会社よりお安く調査することが可能です。

また外壁調査以外にも雨漏り調査や修繕も行なっております。
マンションやビルの修繕や外壁の調査を検討をしているお客様は、是非一度ユニースにご相談ください。