マンションの外壁工事にはどんなものがあるの?予算についても解説!

   

コラム, 外壁タイル調査, 外壁修繕

東京都赤羽を中心に、ロープアクセスによる外壁タイル調査・外壁補修を行う株式会社ユニースです。

今回は、マンションの外壁補修についてご紹介します。雨漏りやひび割れなど、思い当たる点がある方は是非参考にしてみてください。

マンションの外壁のどこが痛みやすいの?


では、さっそくマンション外壁補修工事の具体例を見ていきましょう。
マンションの外壁補修工事の目安はおおよそ12〜15年程度ですが、この周期の中で大きなダメージを受けるのは屋上防水です。
屋上防水は屋根に勾配のない建物の屋上に雨水が溜まり、建物の中に染み込むのを防いでくれます。
しかし、常に紫外線や雨にさらされているため、劣化が進みやすいのです。

屋上防水の種類にはどのようなものがあるの?

特に痛みやすい屋上防水ですが、実は屋上防水にはいくつかの種類があり、種類によって修繕方法が違います。

【シート防水】
ゴムや塩化ビニルのシートを貼り付けて行う防水です。広い場所を均一に防水加工でき、マンションなどの屋上によく使われています。施工が簡単ですが、ややダメージに弱いというデメリットがあります。

【ウレタン防水】
液体状の防水剤を塗り、化学反応で防水を行う方法です。ベランダ等に使われており、最もスタンダードな方法の1つと言われています。液体状での加工なので、複雑な形の場所でも完全な防水を実現できるのが強みです。

【アスファルト防水】
防水シートの上から熱したアスファルトを重ねる方法です。耐久性が強く、長ければ20年以上ももつことがあります。防水シートとアスファルトの二重構造になっており、高い効果が期待できます。

【FRP防水】
繊維強化プラスチックとポリエステル樹脂を組み合わせて塗布します。重量が軽く、建物への負担が小さいのが特徴です。継ぎ目のなく、綺麗な仕上がりになります。

屋上防水の補修の方法とは?


屋上防水の種類について解説しました。それでは、それらの屋上防水が劣化した場合は、どのように補修するのでしょうか。

【シート防水】
シートの張り替えが必要です。部分的に破損している場合は一部を切り抜き、全体的な劣化の場合は全てを張り替えます。また、一部分の張り替えの場合は、ウレタン防水塗料を塗布する、仕上げにコーティングをするなどして隙間からの水漏れを防ぐ必要があります。
痛んでいなければ洗浄し、保護塗膜を塗ります。状態によっては、上から増し張りを行います。

【ウレタン防水】
ウレタン防水が痛んでいる場合は、痛んでいるところを剥がし、新しい防水材で埋めます。こちらも、痛んでいない場合は、洗浄・保護を行う場合もあります。

【アスファルト防水】
アスファルト防水では、コンクリートのひび割れや詰まり、膨れといった不具合が起こります。状態を見て、撤去して新たにやり直す場合と、撤去せず上から再度施工を行い、二重構造にする場合があります。

【FRP防水】
FRP防水は、トップコートのひび割れ、防水層の浮きや剥がれといった劣化が起こります。トップコートのひび割れ程度ならさほど影響はありませんが、防水層が大きく剥がれている場合は、下地の補強から行わなければならないこともあります。浮きや剥がれの面積が小さければ、部分的な補修でも大丈夫です。

ユニースでは、お客様のご要望や予算、屋上の環境に合わせ、ご相談の上で仕上げ方に合わせたプランをご提供しています。

屋上防水だけでなく塗装壁も定期的にメンテナンスが必要

マンションで痛みやすいのは屋上防水ですが、それだけではありません。
吹き付けタイルと呼ばれる塗装壁も、定期的なメンテナンスが必要な部分です。

塗装壁は、時間が経過するとチョーキング現象という劣化現象を起こすことがあります。
指で壁を触ると白い粉がつくことがありますが、これがチョーキング現象です。雨や紫外線で分解された塗料の成分が粉状になって表面に現れてくるのです。

チョーキング現象は、建物の見た目を悪くするだけでなく、建物の耐久性にも影響します。外壁塗料は、紫外線や雨などから建物を守るはたらきを持っているからです。

チョーキング現象の補修方法は?

外壁がチョーキング現象を起こしてしまったら、外壁の塗り替えが必要です。
まず、外壁を高圧洗浄し、塗料を落とします。そこから下塗り、中塗り、上塗りを行います。

一見簡単そうに見えますが、徹底的な洗浄や現場感覚での判断など、専門的な技術や知識が必要ですので、業者に依頼するようにしましょう。
不適切な補修を行うと、新しく塗料を塗ってもすぐにまたチョーキング現象が起きてしまいます。

また、雨どいの破損も多く見られます。
紫外線で劣化したり、硬くなって割れやすくなってしまったりした場合は、交換が必要です。

マンションの外壁補修の費用は?

マンションの屋上防水や外壁、雨どいなどは劣化しやすいことがわかりました。目に見えて劣化を感じることがなくても、定期的に業者に依頼してメンテナンスをしてもらうことが大切です。
では、業者に外壁補修を依頼する際の予算の目安とはいくらくらいなのでしょうか。

実は、マンションの外壁補修の予算を一概にお伝えすることはとても難しいです。
予算はマンションの環境や工事の規模により大きく変わります。足場を組むか、ロープを使用するのかなどの条件などによっても金額が変わってきます。より安価なロープを使用した方法で依頼したいと思っても、バルコニー付近では足場を組む必要があったなど、想定していた予算をオーバーしてしまうこともあります。

また、劣化具合の調査とセットでご依頼いただくことになるため、どうしても単価が高くなりやすいという点も注意が必要です。

少しでも気になる点があるなら、直接業者に問い合わせることをお勧めします。

ユニースの施工

ユニースでは、お客様のご要望や予算に合わせたプランをご提供します。
また、マンションの外壁補修だけでなく、エントランスが滑りやすくて困る、水捌けが悪いのが気になるなど、他に直したい点をヒアリングして、合わせて工事を承ります。

マンションの外壁補修について気になる点がある方は、どんな些細なことでもぜひご相談ください。