タワーマンションの雨漏りについて「工事の流れと費用感」

   

コラム, 雨漏り

東京都北区赤羽を中心に、ロープアクセスでの調査・補修・改修工事を手がける株式会社ユニースです。

本日は、弊社が今まで手がけてきた補修工事の例の中より「タワーマンションでの雨漏り」に対して弊社が行った補修工事の1つを抜粋し、その工事概要をお知らせしていきたいと思います。

また、補修工事のご説明の中で、お客様が実際にご依頼をされる際に考えておいてほしいポイントや、雨漏りの原因、そして費用感に関してもお知らせしていきたいと思いますので、今タワーマンションの雨漏りに悩まされている方は是非1度ご一読ください。

“雨漏り”だが原因は雨じゃない?タワーマンションベランダの水漏れ原因

先日弊社が施工したタワーマンションでは「各お部屋のベランダの天井より『雨漏り』が散見される」とのことでご依頼を受けました。

実際に現場調査を行ってわかったことは、
実は”雨漏り”だと思われていたものは、”雨水”でなく各階上の方がご使用になられている「エアコンの排水」が原因であったということです。

それではなぜ、エアコンの排水が階下に流れてきてしまったのか、実は、ここには高層マンション”ならでは”の原因があったのです。

具体的には、高層マンション・ビルに用いられるコンクリートは一般住宅のように、「その場で打設」されるものでなく、「プレキャストコンクリート」と呼ばれる、”あらかじめ造られた”コンクリートをパズルのように敷き詰めて施工することが多いのですが、
この施工方法にタワーマンションならではの「雨漏り」の原因を見つけることができたのです。

高層ビルに用いられるプレキャストコンクリートはなぜ“雨漏り”を起こしやすい?

“出来上がったピースをはめていく”ようなプレキャストコンクリートでの施工方法は、
たとえばAの床とBの床を組み合わせた時、その間に溝ができてしまうことを避けることができません。
そしてその溝に水がしみこんでしまい雨漏りを引き起こす事例が数多く報告されているのです。

今回のケース、プレキャストシートの下には長尺シート(塩ビシート)で防水加工が施されていたものの、
シートの収まりは悪く機能が期待できません。もっと言えばプレキャストコンクリートの隙間には既にヒビが入ってしまっている状態。
早急な処置が必要な工事でもありました。

タワーマンションの雨漏り工事の工程(1)

それではどうやって補修工事を行っていくのでしょうか?

通常はまず「原因を突き止める」ことから始めるのですが、今回は雨天時でなくても水漏していることにより”原因”を究明することは容易でした。
ですので、大事になってくるポイントは”どの部分から水が漏れているのか”、欠損部分を探していく工程です。

建物のどの部分にどのような材質の部材が使われているのか、また配管はどう張り巡らされているのかを確認をした上で、

・長尺シートに隙間がないか

・側溝部分のウレタン防水が劣化していないか

など、経験から推測を立てて1つづつ”水をかけて”確認をし、漏水を引き起こす”穴”を明確にしていきます。

タワーマンションの雨漏り工事の工程(2)

欠損部分がわかった後は、欠損箇所を”埋めていく”補修工事に入ります。
まずお客様の居室・ベランダ・ベランダ外に材料が飛散してしまわないよう”養生”を行い、

ベランダにロープを設置し終えたあと、
「シーリングに不具合があれば破損したものと新しいものを打ち替える」
「欠損部分に発泡ウレタン樹脂を流し込む」
など、それぞれの雨漏りの原因に対して最も効果の上がる適切な処置を施してまいります。

発泡ウレタン樹脂を流し込む作業は、ウレタンの注入口が折れる形状になっていることが特徴的。
最後先端を折り中に埋め込み、最後塗装で仕上げます。
塗装で仕上げることで、雨漏りを修繕するだけでなく、マンションのベランダ部分の美観をしっかり保つことに雨漏り補修工事は貢献するのです。

工期の目安を、今回のケースを例にご説明するのであれば、
今回の工事は「長さ1200〜130mm」のヒビ割れが3本に対し、「3〜4時間」。
準備も含めた工事時間で終わらせることができました。

タワーマンションの雨漏りの補修施工に手厚いサポート
「水漏れが止まるまでお付き合いいたします」

工事に際し、欠損が部分的なものであれば、その部分だけを直せば現状は回復しますが、
タワーマンションによっては、

「老朽化が進んでいる」

「欠損部分の面積が大きい・随所に見られる」

ケースもございます。
そのような場合、1ヶ所の補修では綻びが次々に見られ、何度も補修工事を行う必要が出てきてしまうことも念頭に置かなくてはなりません。

そこで、弊社ではあらかじめ見積もりを「部分的修復」と「全体の修復」の2種類作り、お客様とご相談しながら作業を進めさせていただいております。

しかし、水漏れは必ずしも完全な処置を施しても「修復が不十分」・「雨漏りが防げていない」ことが施工後しなければ分からないケースもございます。

その場合、弊社は”施工を手がけた箇所”に関しては保証制度を設けております。
「雨漏りを完全に防ぎ、現状が回復するまで」お付き合いをさせていただいております。

タワーマンションの雨漏りの施工費用、だいたい幾ら?

さて弊社の補修工事はロープを用いる工事が主ですが、どれくらいの金額がかかってくるのでしょうか。
上記の「1200〜130mmのヒビ割れが3本、3〜4時間の工事」を例に費用の目安をお伝えさせていただきますと……

1人 25,000円(2名以上〜必須)

ロープの現場の設営 10,000円(設置・解体費用)

最低70,000円(35,000円×2)に、
車両費用・駐車場費用、そして補修の内容によっては材料の費用が別途かかってまいります。
(現場や破損状況によって値段は変わってまいりますので詳しくはお電話ください!))

ここで1つアナウンスをしておきたいことがございます。
よく、「1名で作業をお願いできないか?」と訊かれることがあるのですが、弊社は1名を送り出すことをしておりません。
それは、工事の性質上の理由です。高所での作業では万が一の事態に備えて、2名以上での作業を最低条件に敷いておりますので、ご了承いただけたらと思います。

タワーマンションの雨漏り、確実に直したいのであれば弊社にお任せください

お部屋の雨漏りならまだしも、ベランダの雨漏りは意外と目に留まらないものです。
しかし、侵食具合によっては居室まで水漏れの影響が出てしまい、お部屋にカビが生えてしまうなんて自体も……。
それであれば株式会社ユニースにお問い合わせ下さい。
数々のタワーマンションの雨漏りの実績がありますし、確かなノウハウと技術で調査から修繕までスピード感を持った、サービスを提供します。

早期発見、早期解決に越したことはございません。
タワーマンションの雨漏りであれば、ぜひ弊社に一度ご相談をしていただければと思います。